2011年02月24日

一目惚れのバッグ Tissa Fontaneda

店主は、靴やバッグを見て歩くのが、好きなのですが
昨秋、欧州に行った時に、一目惚れしたバッグ揺れるハート を、販売する運びと、なりました。

 
Tissa Fontaneda ティッサ・フォンタネダ <ミヌーシュ>Tissa Fontaneda ティッサ・フォンタネダ <ミヌーシュ>欧州に行くと、やはり日本よりなめしの良い、革製品に目が行き、気がつくと、靴やバッグを、夢中になって見て歩いてます。特にイタリア製や、スペイン製の皮革製品は、いいですね
でもなかなか、感動できるデザインって
めったにお目にかかりません。
昨秋、さんざん見て廻った後、目に留まったのが、Tissa Fontanedaのバブル・バッグ 泡のように加工した、やわらかい革の感触に
大きなスワロフスキーのボタン


全体のバランスといい、質感といい、おしゃれ度といい、実用性といい揺れるハート 



このデザイナーは、元ロエベのチーフ・デザイナーだったそうで、手の込んだつくりと、上質の革に納得exclamationexclamation
Tissa Fontaneda ティッサ・フォンタネダ <ミヌーシュ>

ティッサ・フォンタネダは、本当に良いものを創りたくて、LVMHに買収されたロエベを辞めて、独立しました。
彼女の考え方には、共感できる部分が、多いです。

Tissa Fontaneda ティッサ・フォンタネダ <ミヌーシュ>「ブランドのネームバリューに、お金を遣うべきじゃない。」
そうそう、プ○ダのナイロンバッグって、出た当初は、伊のファクトリーで、たしか5000円均一でした・・・
でもそれが、プ○ダってだけで、市価は5万円以上 

「アクセサリーやバッグは、その女性自身を語ります。」
そのとおりだと、思います。  
特にバッグは、ライフスタイルが反映しますね。

飛んでた頃は、皆と同じ制服を着ても、スカーフだけは、自分独自の結び方をしたりしていました。
例え服がユニクロでも、アクセサリーやストール、ベルトやバッグで、自分の個性や、ステイトメントが、出せますね。

今の日本はデフレで、安い物が氾濫していますが、安くてすぐに使えなくなる物を次々に買うより
本当に良いものを、長〜く使った方が、返って経済的ですし、何より、精神的に違います。

ネームバリューが無くても、良い物は、世の中にはあります。
そういう物をみつけた時、うれしいですねexclamation)^o^(

私はあまり、ブランド志向ではないのですが、
タニノ・クリスチや、ボッテガ・ベネタのハンドメイドのものは、好きです。
でも、個人的に本当に気に入ったデザインがあるかというと・・・・・

Tissaのバッグは、女性デザイナーならではの、実用性と、女性の体によくなじむ柔らかさ、でも型崩れや色落ちなど決してない、スグレものexclamation

クオリティ、デザインとも、自信を持っておすすめできるTissa Fontanedaのバッグ
ぜひごらんになってください。

posted by minouche at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ミヌーシュ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/123927476
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック